【月間 2 万→10 万 PV へ】ブ ロ グ が ア ク セ ス ア ッ プ し た 7 つ の 方 法 ~これをやってブログのアクセス数が増えない なら、もうブログはやめて下さい~

目安時間:約 3分

レポートタイトル

 

【月間 2 万→10 万 PV へ】ブ ロ グ が ア ク セ ス ア ッ プ し た 7 つ の 方 法 ~これをやってブログのアクセス数が増えない なら、もうブログはやめて下さい~

 

要約

 

googleサーチコンスールを利用したアクセスアップの方法を取り入れてこれからアクセスアップを狙う際に気を付けるべきと事を簡潔にまとめています。

 

 

良かった点

 

 

  • タイトルでもお分かりになるかと思いますが、キャッチフレーズが秀逸です。記事内にもこのような見る人がクリックしたくなるようなキャッチフレーズを掴む方法の記載がありますがレポート作成者の日ごろの努力が垣間見えます。
  • 初心者向けにgoogleサーチコンスールの役割を的確に伝えるものであった。

 

 

 

悪かった点

  • 方法の記載は多々ありますがその詳細なやり方に関しては図で説明が不足していたように感じました。この方法を実行したときに例えばサーチコンスールの登録方法などの記載があればもっとよかったのかもしれません。

 

総評

 

まず、キャッチコピーが秀逸です。この書き方をされると大抵の人はダウンロードがしたくなるのではないでしょうか。笑 実際に中身を見るとgoogleサーチコンスールを利用したごく当たり前のアクセス解析の方法からその改良の実践へと取り組もうといった内容なのですが、レポート中の一文でとても気に入った箇所がありそれは「一日一記事を更新することが大切なのではなく、むしろその先にある行動、作成した記事の内容を後日更新することが大切である。」という記載でした。

 

初心者の方でこの文章が心に刺さる人も多いのではないでしょうか。

一日一記事作成することは確かに大切です。しかし、これは自身の文章力を上げることであったりブログの媒体としての大きさを大きくすることで情報網としてのブログを育てるための作業工程であること同時に忘れてはいけません。

 

作った記事をいかにユーザーのためになるものへと進化させ、そしてその検索結果として上位表示をされるか。これがアップにつながる一番の方法だと私は考えます。

 

 

 

たった一つのブログで月に4記事書くだけで月に8万円稼いでいるブログアフィリエイトの手法をあなたに伝授します。

目安時間:約 3分

レポートタイトル

 

たった一つのブログで月に4記事書くだけで月に8万円稼いでいるブログアフィリエイトの手法をあなたに伝授します。

 

要約

トレンドアフィリエイトの手法としてそのキーワード選定からの心構えと手法を丁寧に説明したものであった。トレンドキーワードの旬が過ぎると検索されない問題点をうまく回避する3つの手法を取り入れることでアクセス数が落ちにくいキーワードを選ぶコツを伝授している。また、アフィリエイターが実践でよく陥りがちな思考にもアドバイスを加えている。

 

 

良かった点

 

 

  • 図を多用しており、結果や手法が見やすいものであったこと
  • トレンドアフィリエイトでありながら旬だけで終わらせない手法を具体的に取り入れていること

 

 

 

悪かった点

  • 題名がたった4記事とあるがその保証はどこにもなく、実際は売れた(ヒットした)ページでの収入をあらわしているため必ずしも4記事で結果が出るものではないということ
  • レビュー内での宣伝が逐一多い。毎ページに広告があるように感じるためストレスが感じることがあった。

 

総評

 

アフィリエイターで記事を作るときに商品選び⇒キーワード選定⇒記事を書くとなっている方に関して、そうではなく、トレンドキーワードの選定⇒記事を書く⇒アクセスを集める⇒商品選びという流れの大事さを振り返れるレポートであると感じた。売ろう売ろうという気持ちが先行してしまうとどうしても前者の様に売りにかかる文章作成になってしまう。我々アフィリエイターの真の目的はためになるサイト作り(記事づくり)がまず第一であり、その後のアフィリエイトであることを忘れてはならない。

 

せっかくアフィリエイターという中間代理店の役割を経験することができているのだからそれをもっと十分に楽しみ発信していくことの必要性を再度確認できるものであった。

 

アフィリエイターは販売者でも購入者でもないということをまず意識しないといけないと思います。

 

 

知らないと損をする?! ネットビジネスの現状

目安時間:約 3分

レポートタイトル

 

知らないと損をする?!ネットビジネスの現状  著:赤星 達也

 

要約

ネット初心者を対象にこれからネットビジネスを進めていく上で
大切なことを主軸に論じていく文章であった。
また、ネットビジネとしてアフィリエイトを代表格と位置付け、市場の動向を考察しアフィリエイターにとって今後必要となる意識や行動を呈するものであった。

 

良かった点

 

 

  • ネットビジネス初心者にとって現状のアフィリエイト市場や今後の展望を理解するには最適であると感じた
  • ページ数が少ない中でも論点がまとまっており、理解しやすいものであった

 

 

 

悪かった点

  • アフィリエイトの業界全体のグラフはあったがどの分野が伸びるなどの詳細情報が無かったこと。
  • 題名がネットビジネスとしての現状と書いてあるのにアフィリエイトの説明しかなかったこと。ネットビジネスという大きいくくりで考えるなら他にも種類はあると感じる

 

総評

アフィリエイト入門編の無料レポートとしては最適なものであると感じました。

内容ももちろん悪くはないと感じたのですが、驚いたのは赤星さんの文章の構造力です。少ない文量で結論とその理由を的確に述べる。これは今後自分も真似したいなと感じる部分ですね。何よりもこれからはアフィリエイターの質が求められるという主張に深く共感できました。

アフィリエイト業界が成長している反面、その努力や時間をかけれないと決して成果の出る業界ではなくなっているのも事実です。しかし、文中でもあるように継続すれば必ず成果が出る業界でもあり、異なるのはそのスピードだけです。

成果の出る時期が早いか勝手に挫折してしまう時期の方が早いか。
これからのネットビジネスはそういうものになってくると私は考えます。

 

 

ブログの運営ポリシー

目安時間:約 7分

 

歩く人

 

 

 

当ブログにお越しいただいた方々へ

まずは足を運んでいただき誠にありがとうございます。

 

このブログは私が大手商社を辞めてから現在に至るまで続けているアフィリエイトの軌跡であると同時に、みなさんにも私が商社時代に感じたことを気付いていただき同じマインドを共有していただきたいと考え丹精を込めて記事を書いたものです。

 

 

ブログ理念

いきなりですが私はよくアフィリエイターの冒頭にありがちな

私は今自由です~とかお金と時間を持っていますよ~のようなアピールは私は一切したくないと考えています。

 

たしかにアフィリエイトというビジネスモデルは時間や場所に縛られず、自由なライフスタイルを送るための入り口すなわち不労所得である権利収入当てはまります。

 

 

ですが現時点での私はまだまだ自身が考えている成功と呼べるには程遠い存在であり、かつそのようなほっといても収入が生まれるものを自身のビジネスの一環として行いたいから、アフィリエイトの世界に飛び込んだわけではありません。

 

 

これを言うと多数の稼いでいられる専業アフィリエイターの先輩方からお叱りを受けるかもしれませんが、私にとってアフィリエイトは私が考える将来のビジネスモデルの実現におけるツールであり通過点でしかありません。ですが月200万円を目指して今も本気で取り組んでいます。全ては私のビジネスモデルを確立するためであります。

 

 

皆さんの共通点

 

このサイトにお越しいただいた皆さんは現在どのような感情や考えをお持ちで足を運ばれたのでしょうか??

 

副業を調べついでに、転職をのぞんで、起業したいと思って。。etc たくさんの方々がいらっしゃるかと思います。

 

 

ですが、多数の考えをお持ちの皆さんにも共通点はあると私は考えています。

 

それはまだまだ年齢的に若くこれからやってやろう!というパワーに満ち溢れているのではないか?ということです。

 

 

 

これからの日本市場を踏まえて

 

私の友人に人材コンサルタントがいます。

友人曰く今人材業界は超売り手市場になっているとの事でした。

 

 

どこの業界でも人材が足りず、転職活動もスムーズに進む世の中であるとの事です。

 

 

ですが、逆にこのご時世の裏をかいて下さい。

 

 

 

今、就職(転職)活動する必要ありますか??

 

 

ちなみにこの人材業界のインフラは2020年までは好調に続くと考えられています。

 

 

 

申し遅れましたが、私は難関国公立大学といわれている広島大学を卒業後、日本有数の商社で勤務しておりました。

 

日経225の銘柄にも選ばれており、一部上場歴も長い会社で福利厚生や年収に関しては申し分のない環境でした。

 

 

 

では、なぜ辞めたか。

 

 

それは

 

有形物を買わせる時代は終焉したと肌で実感したからです。

 

もちろん有形物が全く売れないということではありません。

ですが、ひと昔の商社4強と呼ばれた時代と今の時代には、買い手側に情報がすぐ手に入るという全く異なる環境があります。

買い手側に情報がすぐに手に入ると、買い手は自分の欲しい物を具体的に主張するようになるのです。

 

 

そうするともちろん商品の決まっている買い手に対して全く別のものを売りに行っても売れるはずがないことは理解していただけますでしょうか??この市場の変化に気づいたとき私は商品を顧客に売りに行くスタイルの日経企業はもう終焉状態にあるかもしれないととっさに感じました。

 

 

まとめ

 

繰り返しにもなりますが、大企業だからといって安心できる時代はとうの昔に終わっています。

 

職業選択の自由は尊厳される必要がありますが、前述のように時代は追い風です。
実際に私の知り合いでも定年退職された後から老後採用の枠が有り余るほどであるとの報告も来ています。

 

だからです。だからこそ

 

 

アフィリエイトを始めてみませんか??

 

 

私もまだまだ夢半ばで学ぶべきことはたくさん課題としてありますが、この分野を成功させることでしか将来設計が叶わないため本気で取り組んでいます。

 

もし、今サイトをご覧のあなたも、私と同じような考えをお持ちであれば必ず有益な情報を提供することができると考えています。

 

また、このサイトにお越しいただいたのも何かの縁だと私は思っておりますので、是非過去の記事等を是非ともご覧ください。

 

 

  2018年1月 MD中田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書 作:川端 美帆

目安時間:約 3分

 

      

 

 

 

 

おススメ度  :★★★★☆

読みやすさ  :★★★★★

値段への満足度:★★★☆☆

 

以下、書評

 

女性の現役アフィリエイターである川端美帆(アフィリ笹木)さんが2017年11月に出版された本です。

初心者によく生じる問題や疑問を分かりやすくQ&A にして説明しています。

 

良かったところ

 

アフィリエイターとして売れる前から(ブログでの記事の書き方やASPの登録方法、アフィリエイトするにあたっての戦術的な注意事項)から売れた後(確定申告の方法や法人化するにあたっての注意点など)が書かれており、いわゆるアフィリエイターのモデル像をイメージしやすいものであったことです。200強のページの中でこれほど具体的にアフィリエイトの要点を絞るのは本当に難しかっただろうなと感じます。

 

悪かったところ

 

やはりページ数が少ないのでもっと知りたいと思うことがなかなか掘り返せなかったり、説明不足だなぁと感じた部分はありました。(ページ数の問題があるので仕方のないことかもしれません。。。

 

総評としては、アフィリエイトってどうやって稼ぐんだろう??といった疑問がある方やまたまだサイトやブログを始めてアクセス数を集めるにはどうすればよいのだろうと感じている方にはおススメできる内容であったかと思います。これ一冊でこれらの疑問は解決されます。

また、個人的な見解ではございますが、川端さんはSEOにとても詳しかったのでこれから主に物販アフィリエイターを目指す方にとっては良い内容になるのではないかなと感じました。

 

 

 

 

尚、本などは書店で購入するよりアマゾンなどの通販で購入された方がポイントが多くたまるので個人的にお勧めします。

以下、楽天のページにはなりますがご参考にリンクを載せておきます。

 

 

 

カテゴリ:書評  [コメント:0]

当サイト一押し教材
自己紹介

管理人:MD中田

アフィリエイトを始めとする副業の稼ぎ方を主に研究しています。アフィリエイトを通して実践したことを通して皆さんのお役に立てればと考えています。

カテゴリー

ページの先頭へ